声優専門学校

東京の声優専門学校21選一覧!夜間も通えるおすすめは?

更新日:

東京には数多くの声優専門学校があり、どの学校を選ぶべきなのか、迷われている方も多いと思います。

声優としてデビューするために、自分に合った一番良い学校で勉強したいと思っても、全ての専門学校をチェックするのは大変です。

そこで今回は、みなさんの代わりに東京の声優専門学校21校の特徴や授業料などをまとめました。

 

声優専門学校を選ぶ4つのポイント

始めに、声優専門学校を選ぶ際の4つのポイントについて説明します。

声優デビューを勝ち取るために、この4つのポイントが充実している学校を選びましょう。

 

【ポイント1】学内オーディションの充実度

ココがポイント

・来校する声優プロダクション数。
・有名声優プロダクションが来校するか。
・養成所に入るオーディションか、プロダクションに所属できるオーディションか。
・企業とのコラボ企画などで、役を直接獲得できるオーディションがあるか。

声優としてデビューするためには、まずオーディションに合格する必要があり、多くの声優専門学校で定期的に学内オーディションが行われています。

各専門学校内で開催されるオーディションの充実度を知るためには、上記の項目に着目すると良いでしょう。

新人声優に求めている個性はプロダクションごとにそれぞれ違うので、多くのプロダクションに出会うことは、自分の個性を活かしてデビューするチャンスを広げてくれます

有名プロダクションに所属すると、より多くの魅力的な仕事をするチャンスに巡り合えます。学校が学内オーディションに、有名プロダクションを招いているかも重要です。

声優専門学校のホームページなどに記載されているオーディション数には、プロダクションに入るためのオーディションだけでなく、声優養成所に入るオーディションが含まれている場合があります。音楽系の専門学校では、来校プロダクション数に音楽会社が含まれている場合もあります。

いくつの「声優のプロダクション」が学内オーディションに来校するのかを、ちゃんとチェックしましょう。

業界とつながりが強い専門学校では、アニメのキャラクター等、直接声優の仕事を獲得できるオーディションも開催されています。

学外と連携しているプロジェクトが頻繁にあるか等もチェックしてみましょう。

 

【ポイント2】授業カリキュラム・講師陣の質の高さ

ココがポイント

・実際に声優として活躍している講師か。
・自分の個性を伸ばせる学習環境が整っているか。
・学校に最新設備が整っているか。

オーディションの大切さを説明しましたが、オーディションに受かるためには、声優に必要な技術を習得していて、尚且つ、自分の個性をしっかりとアピールする必要があります。

声優の技術がしっかりと学べる授業カリキュラムと、生徒一人一人の個性を伸ばしてくれる講師陣の質の高さが、学校選びの2つ目のポイントです。

学校によっては、声優としての仕事がなくなった人や、あまり活躍できなった人が、講師として働いている声優専門学校もあります。

講師陣の経歴をちゃんとチェックしましょう。

発声やアフレコの技術など、一通りの声優の基礎技術を習得できるカリキュラムが整っている学校を選びましょう。

それに加えて、オーディション対策などで講師から適切なアドバイスをもらい、自分の個性を伸ばせる学習環境が必要です。

声優の世界は、日々進化しています。

最新機器や設備が整ったアフレコスタジオで、実践練習ができる学校を選びましょう。

 

【ポイント3】卒業生の活躍

ココがポイント

・最近の卒業生の活躍状況を調べる。
・プロダクションに所属した後、どんな役を演じているかまで見る。

学校を選ぶポイント3つ目は、卒業生の活躍状況です。卒業生がプロの声優として活躍しているかを調べることは、専門学校の良し悪しを見分ける一番簡単な方法です。

開校してから長い歴史を持つ声優専門学校は、それだけたくさんの実績があります。しかし過去の栄光をアピールしている学校もあるので、ここ何年かに卒業した卒業生の活躍を重点的に調べてみましょう。

専門学校によっては、プロダクションに所属した卒業生をたくさん列挙しているだけの学校もあります。

プロダクションに所属することも重要ですが、ちゃんと名前のある役を演じているか、重要な役を演じているかまでチェックしましょう

 

【ポイント4】学費

ココがポイント

・授業料や入学金だけでなく、教材費、演習費などの金額もチェック。
・声優にはあまり必要のない、他学科の設備にお金がかかっていることもある。

学費は、高いか安いかが問題ではなく、学習環境の質に見合った金額であるかが重要です。

良い環境で良い講師陣の授業を受けるために、高い学費がかかるのは仕方のないことです。適切な学費かを見極めるために、以下の点に注意しましょう

入学金と授業料だけを見て学費を判断せず、教材費や保険など、細かい項目までチェックしましょう。

音楽系の学科に力を入れている専門学校の中には、学校内に大きなホールがあったりと、声優学科には直接関係のない設備にお金をかけている学校もあります。

そのような学校は、特に注意して、他の学校と施設設備費などを比較してみましょう

 

東京の声優専門学校21選一覧

以下の表では、東京にある声優専門学校21校について、4つのポイントを「◎」「○」「△」「×」で評価し、一覧表にまとめています。

学校名 オーディション 授業講師 卒業生 学費
ヒューマン
アカデミー
90社以上 現役有名講師 新人アワード 158万円
代々木アニメー
ション学院
多数開催 現役有名講師 有名声優を輩出 147万円
専門学校 東京声優
国際アカデミー
随時開催 現役有名講師 活躍中 133万円
松濤アクターズ
ギムナジウム
 年に1回
卒業生など
 活躍中  46万円
東京アニメ・声優&
eスポーツ専門学校
随時開催 現役講師 活躍中 117万円
アミューズメント
メディア総合学院
75社以上 現役有名講師 新人アワード 128万円
専門学校 ESPエンタ
テインメント東京
随時開催 現役講師 数名活躍中 150万円
専門学校東京
アナウンス学院
有名事務所
が来校
現役有名講師 有名声優
を輩出
138万円
映像テクノ
アカデミア
約40社 吹替に
強い
活躍中 コースで
異なる
東京アニメーション
カレッジ専門学校
随時開催 現役有名講師 有名声優
を輩出
135万円
専門学校デジタル
アーツ東京
随時開催 現役講師 数名
活躍中

83万円
日本工学院
専門学校
約90社
(劇団含む)
現役有名
講師
有名声優
を輩出
141万円
バンタンゲーム
アカデミー
40回以上 現役講師 有名声優
輩出なし
135万円
専門学校東京
クールジャパン
100社以上
(音楽会社含む)
現役講師 有名声優
輩出なし
124万円
東京アニメーター
学院専門学校
随時開催 現役講師 数名
活躍中
120万円
尚美ミュージック
カレッジ専門学校
随時開催 現役講師 数名活躍中 142万円
東放学園高等
専修学校
随時開催 現役講師 有名声優
輩出なし
98万円
東京ダンス&
アクターズ専門学校
100社以上
(音楽会社含む)
現役講師 数名活躍中 148万円
東京工学院
専門学校
随時開催 現役講師 有名声優
輩出なし
118万円
東京スクールオブ
ミュージック&
ダンス専門学校
多数の事務
所来校
現役講師 有名声優
輩出なし
148万円
専門学校舞台芸術学院 随時開催 現役講師 声優を輩出 124万円

 

東京の声優専門学校21選

ここからは声優専門学校のおすすめポイントや授業料などについて、一校ずつ詳しく説明してきます。

 

【1】ヒューマンアカデミー

ココがポイント

・オーディションが年間350回以上
・学内ドラフトオーディションには90社以上のプロダクションが参加
・業界との太いパイプ
・著名な声優さんによるワークショップがある
・二人のマネージャーが生徒一人ひとりをサポート
・「株式会社が運営する学校」ならではの最先端のカリキュラム

プロデビューに一番近い東京の声優専門学校は、「ヒューマンアカデミー」です。

一番の魅力は、オーディションの充実度です。

1年間にオーディションが350回以上開催され(2017年度実績)、学内ドラフトオーディションには90社以上のプロダクションが来校します。

「81プロデュース」や「青二プロダクション」、「大沢事務所」など、有名声優プロダクションの担当者に見てもらう機会が学内で持てるのは、とても貴重で大きなチャンスです。

学内ドラフトオーディションは、書類選考がないので、生徒全員がオーディションに挑戦できます

「ヒューマンアカデミー」では、養成所に所属するためのオーディションではなく、直接事務所に所属できるオーディションが開催されています。

合格後の条件を学校がしっかりと確認しているので、卒業後に無駄なお金を払うことなく、プロへの最短の道が用意されています。

オーディションに落ちた場合もフィードバックをしてもらえるので、次回に向けて問題点を改善し、再チャレンジできます

また講師陣や、授業カリキュラムもしっかりしています。テレビアニメ「テニスの王子さま」で柳沢慎也/荒井将史役を演じたモリノリ久さんなど、現役の声優が講師を務めています。

実は「ヒューマンアカデミー」は株式会社が運営する学校で、都道府県の認可を受けた「専門学校」ではありません。

しかしそれが「ヒューマンアカデミー」のカリキュラムが素晴らしい理由でもあります。

認可を受けた専門学校だと、色々な制約があり、カリキュラムを簡単に変更できません。

敢えて認可を受けていない「ヒューマンアカデミー」は、時代の変化に合わせて、最先端の内容を授業に取り入れることができます

業界との太いパイプを持っており、時代の流れに合わせて、「今必要とされている声優」を育てます。

多くの卒業生が声優業界で活躍しており、伊藤節生さんは、第11回声優アワード新人男優賞を受賞しました。他にも、在学中にデビューを果たした先輩達がたくさんいます。

学校生活の悩みを相談できる学内マネージャーと、声優業界に詳しい業界マネージャーのサポートを受けながら、ヒューマンアカデミーで声優デビューをめざしましょう

学科・コース パフォーミングアーツ
カレッジ・声優専攻
初年度費用 計1,580,000円

・入学金 30万円
・授業料 92万円
・施設費 25万円
・諸費用 11万円

教材費、実習費など
別途、約22.5万円必要

出願資格 18才以上
(入学年の4月1日時点で)
通学期間 2年
卒業生 ◆伊藤節生さん
2016年に第11回声優
アワード新人男優賞
◆熊谷健太郎さん
「アイドルマスター
SideM」握野英雄役
◆小原好美さん
「あそびあそばせ」
野村香純役

 

まずヒューマンアカデミーの資料を請求したい人はコチラ

ヒューマンアカデミーの無料資料請求はコチラ!


こちらから30秒で資料請求が無料でできます

【2】代々木アニメーション学院

ココがポイント

・42年の歴史と実績のある学校
・有名声優を多数輩出
・秋元康さんなど、有名芸能人が学校をプロデュース
・有名声優や、業界の第一線で活躍中の業界人がカリキュラムを監修
・年2回行われるドラフトオーディションにはプロダクションが多数来校

「代々木アニメーション学院」は、1978年に東京校が開講してから、日本のアニメ界を支える人材を輩出し続けてきた歴史のある学校です。

声優業界で働くことになったとき、多くの現場に代アニの先輩がいるのは心強いですね。

学内オーディションも多数開催されていて、プロダクション所属のためのオーディションだけでなく、役を直接勝ち取れるキャストオーディションも開催されています。

企業と連携したプロジェクトで、在学中からデビューのチャンスがたくさんあります。

代アニの卒業生でもあり、アニメ「ポケットモンスター」シリーズで主人公の「サトシ」を担当した声優、松本梨香さんがカリキュラムを監修

基礎と実践力がしっかりと身につくカリキュラムが組まれています。

卒業生は、水樹 奈々さんや櫻井 孝宏さんなど、多くの有名声優が名を連ねています。近年の卒業生も、「81プロデュース」など、有名プロダクションへの所属と声優デビューを果たしています。

「代々木アニメーター学院」には、声優タレント科とアニソンアーティスト科があり、最新の設備が揃った環境で、デビューを目指せます

学科・コース エンタメ学部・声優タレント科
/アニソンアーティスト科
初年度費用 計1,470,000円
・入学金 20万円
・授業料 68万円
・施設維持費 30万円
・総合演習費 22万円
・IT管理費 3万円
・校友会費 3万円
・機材修繕費
1万円
その他教材費 6万円
~8万円が別途必要
出願資格 義務教育修了、
または修了見込みの方
通学期間 2年
卒業生 水樹 奈々さん
「NARUTO -ナルト-」
日向ヒナタ役
櫻井 孝宏さん
「GODZILLA 星を喰うもの」
メトフィエス役
公式サイト https://www.yoani.co.jp/course/talent/

 

 

【3】専門学校 東京声優・国際アカデミー

ココがポイント

・卒業前1か月間に集中して行われる学内オーディション
・声優に特化した専門学校
・アットホームな学習環境
・卒業生が有名プロダクションに所属し活躍中

「専門学校 東京声優・国際アカデミー」は、「TSA」の愛称で知られる声優に特化した専門学校です。

旧名称は「専門学校 東京声優アカデミー」ですが、2021年4月に「専門学校 東京声優・国際アカデミー」へと学校名が変更されます

一年次に基礎をしっかりと学び、二年次からは専攻を絞り、より専門力に特化した授業を展開します。

二年次に選べる専攻は、「アニメアフレコ専攻」「洋画アフレコ専攻」「ゲームアフレコ専攻」「ボーカルパフォーマンス専攻」「ナレーション専攻」「演劇専攻」「ビジネス専攻」「アイドルパフォーマンス専攻」です。

また、生徒と講師の距離が近く、アットホームな雰囲気で学べるのも魅力です。

講師陣は、「らんま1/2」の早乙女玄馬役を演じた緒方 賢一さん、「どらえもん」の水田わさびさんなど、有名声優が揃っています。

学科・コース 声優養成科
初年度費用 計1,170,000円

・入学金 18万円
・授業料 68万円
・維持費 22万円
・教材・研究費 9万円

出願資格 高等学校・短大・大学・
専門学校卒業見込の方、
及び既卒の方。
(高等学校卒業程度認定
試験合格の方も可)
通学期間 2年
卒業生 代永 翼さん
「ちはやふる」
駒野勉役
佐藤 拓也さん
「キャプテン翼」
日向小次郎役
公式サイト https://tmaa.ac.jp/department-information/

 

【4】松濤アクターズギムナジウム

ココがポイント

・レッスン以外に、発表会や特別講義、プロフィール作成なども含まれる
・年に1回、プロダクション所属になるチャンスあり
・プロダクションスタッフによるスキルチェックがある

松濤アクターズギムナジウムは、レッスン以外に、発表会や特別講義、オーディションのプロフィール作成などが授業料に含まれている、通いやすい養成所です。

1年間修業した後は、希望者全員が年末に行われるオーディションを受けることが可能となっています。

このオーディションは、直属プロダクションの LEOPARD STEELのものです。

新設のプロダクションであることから、上が詰まっておらず、まだまだチャンスがたくさんあるため、実力次第では飛び級も可能となっていますよ!

また、在籍中にはプロダクションスタッフによるスキルチェックも可能です。

希望者全員が自分の演技を見てもらうことができ、評価されれば選抜されることも…!

自分をアピールするチャンスが多いという点は、松濤アクターズギムナジウムのとても大きな特徴です。

学科・コース 週3コース基礎科
週3コース本科
週1コース基礎科
週1コース本科
ボイスクラス
実践短期コース
SAG福岡年間クラス
初年度費用 【週3日】
計498,000円
・入所金 3万円
・授業料 46万円
【週3日】
計264,000円
・入所金 3万円
・授業料 23万円
出願資格 15歳~35歳程度まで
本科・実践短期コースは
一定の演技経験者のみ
通学期間 1年
卒業生 大原めぐみさん
木村亜希子さん
サエキトモさん
公式サイト https://www.actorschool.jp/

 

【5】東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校

ココがポイント

・声優以外のコースの授業も受けれる「Wメジャープログラム」がある
・3年制コースか2年制コースを選べる
・産学連携プロジェクトに力を入れている

「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」は、「学校法人滋慶学園」が運営する専門学校です。

声優の勉強ができるコースは、3年かけて「専門士」の資格がとれる「声優プロフェッショナル専攻」と、2年制の「アニメ声優ワールド」があります。

この学校は特に、産学連携プロジェクトに力を入れていて、在学中から様々なプロジェクトに参加し、実践力を身につけることができます。

Wメジャープログラムを利用して、他のコースの授業も受けることができます。例えば、声優を専攻しながら、同時に声優マネージャーの知識も学び、将来の可能性を広げることもできます。

学科・コース スーパーテクノロジー科・
声優プロフェッショナル
専攻(3年制)
パフォーミングアーツ科・
アニメ声優ワールド(2年制)
初年度費用 計1,330,800円

・入学金 10万円
・授業料 53万円
・施設設備費 12万円
・総合演習費 49万円
・キャリア教育振興費
90,800円

出願資格 高等学校卒業
(卒業見込みを含む)
以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者
(合格見込みを含む)
通学期間 2年/3年
卒業生 和氣 あず未さん
「スクールスタードリーム!」
毬川紅美役
公式サイト https://www.anime.ac.jp/

 

 

【6】アミューズメントメディア総合学院

ココがポイント

・プロダクション直接所属67.7%の実績
・75社以上のプロダクションを自由に受験可能
・オーディションは一日一社、集中して受験できる

通称「 AMG」として知られる「アミューズメントメディア総合学院」は、クリエイターやアーティストの育成のためにつくられた学校です。

声優学科には、業界進出希望者のうち、67.7%の生徒がプロダクションへの所属を勝ち取っている実績があります

学生は75社以上のプロダクションを自由に受験可能で、オーディションは一日一社しか行われないので、一つひとつに集中して全力で臨めます。

卒業生の柿原徹也さんが第一回声優アワード新人男優賞受賞を、羽多野渉さんが第二回声優アワード新人男優賞受賞を受賞しており、多くの卒業生が声優として活躍しています

学科・コース 声優学科
初年度費用 計1,280,000円

・入学金 10万円
・授業料 88万円
・施設設備費 20万円
・演習実習費 10万円
(教材費 153,000円が
学校行事費 35,000円
学院生活費 15,0000円
校友会費 12,000円が別途必要)

出願資格 高等学校卒業
(卒業見込みを含む)
以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 柿原徹也さん
第一回声優アワード
新人男優賞受賞
羽多野渉さん
第二回声優アワード
新人男優賞受賞
公式サイト https://www.amgakuin.co.jp/
contents/voice/faculty-main.html

 

 

【7】専門学校 ESPエンタテインメント東京

ココがポイント

・ESP学園生限定の授業内オーディ ション「SHOW CASE」
・本格仕様のホールを学校内に完備
・アニソンアーティストを目指す人におすすめ

ESPエンタテインメント東京は、音楽をメインとする専門学校ですが、芸能タレント科の中に声優を学べる「声優アーティストコース」と「声優養成コース」があります。

学校内に大きなホールがあり、そこで毎年プロの声優が出演するリーディングライブが開催されます。学内オーディションで選ばれた生徒は、プロの声優と一緒にステージに立つという貴重な体験ができます。

しかし音楽をメインとした学校なので、声優に特化した専門学校と比べると、卒業後の進路などに少し不安が残ります。

最新の音楽設備が整っているので、全学科共通で支払う「施設費」が少し高めです

声優と同時に、アニソン歌手も目指している人には、ぴったりな学校でしょう。

学科・コース 芸能タレント科・
声優アーティストコース/
声優養成コース
初年度費用 計1,500,000円

・入学金 20万円
・授業料 60万円
・実習費 30万円
・施設費 40万円

出願資格 高等学校卒業(卒業見込み
を含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力が
あると認められる者
通学期間 2年
卒業生 小原莉子さん
「ぽっこりーず」
シロちゃん役
公式サイト https://www.esp.ac.jp/
tokyo/course/talent/

 

 

【8】専門学校東京アナウンス学院

ココがポイント

・日本初の本格的声優教育機関
・多くの有名声優を輩出
・長年積み重ねてきた教育ノウハウ

「専門学校東京アナウンス学院」は、多くの有名声優を輩出してきた、40年以上の歴史がある学校です。

「ONE PIECE」でウソップ役を演じた山口勝平さんや、「犬夜叉」で日暮かごめ役を演じたゆきのさつきさんなど、多くの有名声優を輩出してきました。

長年の積み重ねにより構築された教育カリキュラムがあり、基礎から演技力までしっかりと身につけることができます

「美少女戦士セーラームーン」ちびうさ・セーラーちびムーン役の荒木香衣さんなど、現役

で活躍する素晴らしい講師陣も揃っています。

「81プロデュース」など、有名プロダクションから担当者が来校し、特別講座やオーディションが開催されます

学科・コース 放送声優科
初年度費用 計1,383,610円

・入学金 20万円
・授業料 74万円
・施設設備費 23万円
・演習費 20万円
・災害傷害保険料 1,610円
・TOHO会費 12,000円

教材費5,000~25,000円
などが別途必要

出願資格 高等学校卒業
(卒業見込みを含む)
以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
通学期間 2年
卒業生 保志総一朗さん
「機動戦士ガンダムSEED」
キラ・ヤマト役
三上枝織さん
「進撃の巨人」
クリスタ・レンズ役
公式サイト https://www.tohogakuen.
ac.jp/announce/voice_actor/

 

 

【9】映像テクノアカデミア

ココがポイント

・学内オーディション「プレゼン公演」には約40社のプロダクションが参加
・卒業後のプロダクション所属率は70%以上
・細かいクラス分けで確実にステップアップできる

「映像テクノアカデミア」は、CM制作やドラマ制作などを手がける「東北新社グループ」が運営する学校です。

海外映画の翻訳を勉強している映像翻訳科とのコラボ授業もあり、映画吹替も得意な声優を育てます

声優科は「アニメ・外画コースステップ1」から「プロクラス」まで、9段階のレベルにクラス分けされていて、今の自分に必要なスキルをしっかりと学ぶことができます。

全ての人が授業に参加することができますが、「プロ特訓クラス」と「プロクラス」は、声優プロダクションに所属していることが参加条件になります

丁寧な細かい指導のもと、プロデビューのためにオーディション合格を目指せます。

学科・コース 声優科
初年度費用 ・アニメ・外画コースステップ1
22万円(入学金3万円含む)

アニメコースステップ2
46.2万円(入学金3万円含む)
・外画コースステップ2
46.2万円(入学金3万円含む)
・アニメコースステップ3
49.4万円(入学金3万円
・外画コースステップ3
49.4万円(入学金3万円含む)
・キャッチアップ
コースステップ1+2
57万円(入学金3万円含む)
・キャッチアップコースステップ3
57万円(入学金3万円含む
・プロ特訓
9.6万円(入学金なし)
・プロクラス
24.8万円(入学金なし)
(全て税抜き価格)
出願資格 なし

「プロ特訓」と「プロクラス」のみ
プロダクション所属が条件

通学期間 半年~3年
卒業生 青山穣さん
「宇宙兄弟」
茄子田シゲオ役
杉村憲司さん
「ハイキュー!!」
斉藤明役
公式サイト https://www.vta.tfc.co.jp/actor/

 

 

【10】東京アニメーションカレッジ専門学校

ココがポイント

・就職を見据えながら声優の技術を学べる、新しいコースが2021年に新設
・少人数制でのきめ細かい指導
・講師は第一線で活躍中の有名声優

「東京アニメーションカレッジ専門学校」は、アニメーションに特化した専門学校です。

3年制の「総合学科」と2年制の「声優学科」で、声優の勉強ができます

2021年4月に新設される「総合キャリアデザインコース」と「キャリアデザインコース」では、声優の技術と同時に、マネージャーやスタッフとして働くために必要な知識も学ぶことができます。

プロの声優を目指すと同時に、就職も視野に入れた学生生活を送れます。

講師陣は、「もののけ姫」のアシタカ役、「風の谷のナウシカ」のアスベル役を演じた松田洋治さんや、「おじゃる丸」のおじゃる丸/小町役、「スマイルプリキュア」のキュアビューティ役を演じた西村ちなみさんなど、有名声優が揃っています。

デビューから就職まで、卒業後のバックアップも充実している専門学校です

学科・コース 総合学科・総合声優コース/
総合キャリアデザインコース
声優学科・アニメ声優コース/
アニソン声優コース/声優/
俳優コース/キャリア
デザインコース
初年度費用 計1,350,000円

・入学金 10万円
・学費・実習費 120万円
・教育充実費 5万円
(教材費 8円〜12万円
が別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業見込
みを含む)以上の者
高等学校
卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 総合学科・3年制
声優学科・2年制
卒業生 本泉莉奈さん
「プランダラ」
陽菜役(ヒロイン)
高橋 信酸さん
「まじもじるるも」
柴木耕太役
公式サイト https://www.tokyo-anime
.jp/subject/voice.html

 

 

【11】専門学校デジタルアーツ東京

ココがポイント

・少人数制で生徒一人ひとりを丁寧に指導
・在学中デビュー&インターンシップで実践を積む
・他学科とのコラボ企画で、ゲームやアニメのアフレコを経験

「専門学校デジタルアーツ東京」は、アニメの聖地である池袋に校舎がある専門学校です。

定員20名の少人数クラスで、現役の声優講師からきめ細かい指導を受けることができます

アニメ学科やゲーム学科とのコラボでは、他学科が制作したアニメのアフレコや、ゲームキャラクターの声入れをし、一緒に作品を作り上げます。

作品作りの喜びを知ると同時に、実践力も身につきます

プロダクションを招いての、学校独自の説明会やオーディションは、随時開催されています。

学科・コース 声優学科
初年度費用 計830,000円
教材費が別途必要
出願資格 高等学校卒業(卒業見込
みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者
(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力が
あると認められる者
通学期間 2年
卒業生 橋浦奈津美さん
「雨色ココア」
などに出演
公式サイト https://www.dat.ac.
jp/course/voice/

 

 

【12】日本工学院専門学校

ココがポイント

・40年以上の教育実績
・有名声優を多数輩出
・声優事務所や劇団など、90社以上がオーディションに参加
・体育祭や学園祭があり、キャンパスライフを楽しめる

「日本工学院専門学校」は、34学科で104専門分野が学べる総合学校です。八王子と蒲田に校舎があります。

体育祭や学園祭もあり、環境の良いキャンパスで充実した学生生活が送れます

声優・演劇科では、芸能プロダクションや声優事務所、劇団など約90社を招いた合同審査会が行われます。

デビュー支援担当の先生が、オーディション合格に向けて、生徒一人ひとりをサポートしてくれます。

「サザエさん」磯野波平役の茶風林さんや、同じく「サザエさん」磯野カツオ役の冨永 みーなさんなど、現役有名声優が講師を務めています

また多くの卒業生が、声優として第一線で活躍しています。

学科・コース クリエイターズカレッジ
声優 演劇科・声優コース
初年度費用 計1,415,690円

・入学金 20万円
・授業料 74万円
・施設設備費 46万円
・諸経費 15,690円
(教材費
95,000円が別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業見込み
を含む)以上の者
高等学校
卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 江口拓也さん
「サンリオ男子」
長谷川康太役
逢坂良太さん
「ダイヤのA」
沢村栄純役
公式サイト https://www.neec.ac.jp/
department/creators/actor/

 

蒲田キャンパス

 

八王子キャンパス

 

【13】バンタンゲームアカデミー

ココがポイント

・年40回以上のオーディション
・在学中のデビュー実績多数
・デビューだけでなく、業界への就職サポートも充実
・少人数制できめ細かな指導

「バンタンゲームアカデミー」は、「株式会社バンタン」が運営している学校です。

「株式会社バンタン」は、総合メディア企業「KADOKAWA」グループの一員で、ドワンゴの子会社でもあり、業界と太いパイプでつながっています

声優オーディションは、声優事務所やアニメ制作の企業などを招き、年に40回以上開催されます。

講師は全員が現役で活躍している声優で、少人数制クラスで丁寧に指導してもらえます

声優デビューへのサポートだけでなく、就職サポートも充実していて、単なる就職ではなく、声優業界への就職をサポートしてくれます。

学科・コース 声優学部・アニメ&ゲーム
声優専攻/声優
&ボーカリスト専攻
初年度費用 計1,350,000円

・入学金 10万円
・授業料 84万円
・設備充当費 33万円
・実習費 18万円

(その他に教材費
が別途必要)

出願資格 高等学校卒業
(卒業見込みを含む)以上の
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを
含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 第一線で声優として
活躍している卒業生はいません。
公式サイト https://www.vantan-game.com
/faculty/voice-actor/index.php

 

 

【14】専門学校東京クールジャパン

ココがポイント

・入学半年前のAOプレスクールで一足早く勉強を開始できる
・スーパーオーディションには、100社近いプロダクション、音楽会社が来校
・授業の90%以上が実習授業、演技力が身につく

「専門学校東京クールジャパン」は、「学校法人Adachi学園」が運営する専門学校で、2019年4月に「専門学校東京ネットウエイブ」から学校名を変更しました。

2年次の10月には、100社近い芸能プロダクションや音楽会社を招いて、「スーパーオーディション」が行われます。オーディション後には懇談会が行われ、フィードバックも受けられます。

カリキュラムは「実習授業」に力を入れていて、入学後すぐに演技力を鍛える授業が始まります

ゲームやアニメーションの学科が充実している学校で、声優学科はまだ有名な声優を輩出していません。これから、声優学科の成長が期待される学校です。

学科・コース 声優学科・声優コース/
声優ヴォーカルコース
初年度費用 計1,247,000円

・入学金 15万円
・授業料 82万円
・教育充実金 9万円
・施設費 18万円
・校友会費 5千円
・学生傷害保険料 2千円
(教材費 1万円~7万円
新入生合宿費 
48,000円程度が別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の
高等学校卒業程度
認定試験合格者(合格見込み
を含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 第一線で声優として
活躍している卒業生はいません。
公式サイト https://www.cooljapan.ac.jp/
dept/dept_s/

 

 

【15】東京アニメーター学院専門学校

ココがポイント

・プロ仕様の最新機器が設置された収録スタジオ
・在学中にデビューも可能
・現役声優講師が熱血指導

「東京アニメーター学院」は、アニメやマンガのクリエイターを育成する学校で、「学校法人大原学園」が運営しています。

声優タレント学科では、アニメの声優だけでなく、洋画の吹き替え、テレビやCMのナレーションなど、幅広い声の仕事を目指したカリキュラムが組まれています

授業では、「鋼の錬金術師」でイズミ・カーティス役などを演じた津田匠子先生の熱血指導が受けられます。

在学中にデビューを果たした卒業生も多く、TVアニメやゲーム、ナレーションの仕事ができるオーディションも学校内で随時開催されています

学科・コース 声優タレント学科
初年度費用 計1,200,000円

・入学金 20万円
・授業料 65万円
・実習費 25万円
・教材費 10万円

(学外研修費 
2万円程度が別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の
高等学校卒業程度
認定試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力が
あると認められる者
通学期間 2年
卒業生 もものはるなさん
「ナナマル サンバツ」
古河珠美役狩野翔さん ソーシャル
ゲーム「アイドルマスター
SideM」神谷幸広役
公式サイト https://tag.o-hara.ac.jp/
department/voice-actor/

【16】尚美ミュージックカレッジ専門学校

ココがポイント

・少人数制できめ細かな指導が受けられる
・音楽学科とのコラボ企画にヴォーカルとして参加
・声優事務所を招いてオーディションを開催

「尚美ミュージックカレッジ専門学校」は、音楽教育をメインとした専門学校です。

声優学科では、アニソンイベントや、パフォーマンスライブなど色々なイベントが開催されており、マルチに活躍できる人材の育成に力を入れています

他学科とのコラボレーション企画では、声優学科の生徒がヴォーカルとして参加することもあり、アニソン歌手を目指している人にはぴったりな学校です。

音楽をメインとする専門学校は、設備維持にお金が必要なため、少し学費が高い印象を受けます

学科・コース 声優学科
初年度費用 計1,420,000円

・入学金 20万円
・授業料 81万円
・教育環境整備費 41万円
(教材費 1~4万円
後援会費 5万円などが別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力が
あると認められる者
通学期間 2年
卒業生 大須賀 純さん 
「新テニスの王子様」
千歳千里役
公式サイト https://www.shobi.ac.jp/
course/voiceactor/

 

 

【17】東放学園高等専修学校

ココがポイント

・高等専修学校の卒業資格がとれる
・若い人材の育成に力を入れている

「東放学園高等専修学校」は、創立40年の歴史を持つ「学校法人東放学園」のグループ校です。

この学校は「大学入学資格付与指定校」で、卒業後に大学や短大、専門学校へ進学することができ、才能ある若い人材の育成を目指しています

必須科目、必須選択科目、選択科目を自分で選び、興味のあることを自由に学ぶことができます。

卒業生に有名声優として活動している人はまだいませんが、若い時から声優の勉強に打ち込める数少ない学校です。

学科・コース 声優学科
初年度費用 計980,000円

・入学金 20万円
・授業料 60万円
・施設設備費 13万円
・実習演習費 5万円

(その他諸経費が別途必要)

出願資格 2021年3月中学校卒業
見込みの者または中学校既卒者
15歳以上で中学校卒業と
同程度の学力を有する者
通学期間 3年
卒業生 第一線で活躍している
卒業生はいません。
公式サイト https://www.tohohs.ed
.jp/guide

 

 

【18】東京ダンス&アクターズ専門学校

ココがポイント

・年間100本を超える「企業プロジェクト」
・他のコースも学べる「Wメジャーカリキュラム」がある
・卒業後も学校独自のデビューシステムを活用でき、サポートを受けられる

「東京ダンス&アクターズ専門学校」は、ダンスや演技を学べる専門学校です。

ダンス&アクターズ科の中に声優を学べる3つのコースがあり、声優の技術だけでなく、ダンス、歌、舞台など、マルチに活躍できる人材を育てるカリキュラムが組まれています

新人発掘プレゼンテーションや学内オーディションでは、新人声優を発掘するために多くのプロダクションが来校。

年間100本以上の「企業プロジェクト」が企画され、在学中から様々なプロジェクトに参加できます

学生のデビューをサポートする「COMデビューBANK」に登録しておけば、卒業後も学校からデビューのサポートを受けられます。

学科・コース ダンス&アクターズ科

声優コース/声優&舞台
俳優コース/
声優アーティストコース

初年度費用 計1,480,800円

・入学金 10万円
・授業料 69万円
・施設設備費 30万円
・総合演習費 35万円
・キャリア教育振興費
 40,800円

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 平山 笑美さん 
「まるまるマヌル」
チャトラくん役
公式サイト https://www.da-tokyo.ac.jp/
course/voice_actor.html

 

 

【19】東京工学院専門学校

ココがポイント

・大学卒業資格「学士」が取得できる「大学コース」
・総合学園だからできる、他学科とのコラボ企画
・オーディション合格で特待生入学できる

「東京工学院専門学校」は、40年の歴史がある専門学校です。

2年で基礎から実践まで学べる「声優コース」と、提携大学の授業も取れる「大学コース」があります。

「大学コース」を選択すると、4年間の学びを通して、大学卒業資格の「学士」と専門学校卒業称号の「専門士」を同時に取得できます

カリキュラムは、ただ声優の技術を学ぶクラスだけでなく、自己アピール力が身に付き、なりたい自分を具現化できる授業が用意されています。

特待生として入学するための「Technosオーディション」に挑戦し合格すると、1年次の授業料が全額もしくは半額免除されます。入学をすでに決めている人は、挑戦してみましょう

学科・コース 声優演劇学科・声優コース
初年度費用 計1,180,000円

・入学金 20万円
・授業料 65万円
・設備費 20万円
・実習費 13万円

(学年費 2万円
研修費 2万円
校友会費 15,000円
教材費 46,510円
が別途必要)

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年・4年
卒業生 第一線で活躍してる
有名声優はいません。
公式サイト http://www.technosac.jp/
eng/art/play/

 

 

【20】東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校

ココがポイント

・自分の興味のある授業を自由に選べる「Wメジャーカリキュラム」
・「プロの現場」で学べる産学連携教育プログラム
・年2回行われる新人発掘オーディション
・在校生、卒業生のデビューをサポートする「COMデビューセンター」

「東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校」は、「学校法人滋慶学園」が運営している専門学校です。

学校法人滋慶学園は、他にも「東京ダンス&アクターズ専門学校」や「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」を運営しています

他校運営の強みを活かしたデータシステム、「COMデビューセンター」は、在校生や卒業生のデビューをサポートしています。

多くの産学連携プログラムがあり、そこで生徒が実践力を鍛えています。

新人発掘オーディションは年に2回開催され、学生がデビューや事務所所属を果たしています

学科・コース ダンス&アクターズ科

声優コース/
声優アーティストコース/
声優&舞台俳優コース

初年度費用 計1,480,800円

・入学金 10万円
・授業料 69万円
・施設設備費 30万円
・総合演習費 35万円
・キャリア教育振興費 40,800円

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力
があると認められる者
通学期間 2年
卒業生 第一線で活躍してる
有名声優はいません。
公式サイト https://www.tsm.ac.jp/
course/voice-actor/

 

 

【21】専門学校舞台芸術学院

ココがポイント

・70年以上の歴史と実績を持つ学校
・伝統芸能を習うことができる
・声優の技術だけでなく、演技全般を学べる

「専門学校舞台芸術学院」は、舞台芸術が勉強できる学校です

70年以上の歴史を持つ学校で、多くの俳優やタレント、声優を輩出してきました。

声優以外では、俳優の市村正親さんや役所広司さん、タレントのいとうあさこさんが舞台芸術学院の出身です

この学校では声優の技術だけでなく、ダンスや演技、伝統芸能など、表現活動の全般を学べます。表現の幅を広げたい人に、ぴったりの学校です。

学科・コース ステージアーティスト科
初年度費用 計1,240,000円

・入学金 15万円
・授業料 70万円
・施設費 12万円
・管理諸費 10万円
・公演実習費 17万円

出願資格 高等学校卒業(卒業
見込みを含む)以上の者
高等学校卒業程度認定
試験合格者(合格見込みを含む)
上記と同等以上の学力が
あると認められる者
通学期間 2年
卒業生 青野武さん 
「ちびまる子ちゃん」
さくら友蔵役池田勝さん 
「宇宙戦艦ヤマト2」
デスタール役
公式サイト http://www.bugei.ac.jp/

 

 

夜間も通える声優専門学校

一度就職したが、声優になる夢をあきらめきれなかった方、時間的に昼間の専門学校に通うのが難しい方。

様々な境遇の方が夜間講座で勉強し、声優デビューの夢を追いかけています。

ここでは、大学生や社会人、フリーターの方など、声優専門学校の昼間コースに通うのが難しい方のために、夜間・週末講座がある学校を紹介します。

 

【1】ヒューマンアカデミー

「ヒューマンアカデミー」には、週一から通える夜間・週末講座があります。

全ての学内オーディションに参加できるので、昼間コースの生徒と同じようにプロデビューのチャンスを掴むことができます

学内ドラフトオーディションは、毎年1月中旬から3月末にかけて実施されます。

普段は無理のない範囲で勉強し、オーディション期間だけ少し仕事をセーブするなど、自分のペースでデビューを目指せます。

学内マネージャーに相談しながら、効率の良い勉強方法を探すと良いでしょう

年齢的に遅いのではないかと考えている方も大丈夫。新宿校では、様々な年齢層の方が楽しく勉強しています。

迷っている方はまず一度、学校に相談してみましょう。

コース 夜間・週末講座 
基礎コース/応用コース
費用 入学金 33,000円

授業料(半年間)
316,800円

対象 大学生、社会人、
フリーターなど
通学期間 半年コースと
1年コースがある
授業回数 週1回(3時間)

 

また、昼も夜も学校に通うのが難しい方には、声優通信講座をおすすめします。

カリキュラムがしっかりと構築されてる「ヒューマンアカデミー」なので、通信講座の内容も充実しています。

 

【2】代々木アニメーション学院

声優に憧れていて一度アフレコに挑戦してみたい方から、本気で声優デビューを目指している方まで、代アニの週一コースには様々な方が通っています。

昼間の学生と同じようにオーディションに参加でき、最新のアフレコスタジオも使えるので、週一でも効率良く自分のペースで勉強ができます

東京校では現在、水曜19:00~21:00、日曜10:00~12:00、日曜13:00~15:00に声優ベーシックコースが開催されています。腹式呼吸・発声基礎からアニメアフレコ実習まで、みっちりと声優の技術を学べます。

週一コースは中学生以上なら誰でも参加でき、小学生には「ジュニアコース」があるので、子供さんの習い事として通うことも可能です

コース 週一コース 
声優ベーシックコース
費用 ベーシックコース 
165,000円教材代:アニメ
アフレコ台本3,000円
対象 12才以上(小学生は除く)
18才未満は保護者の同意が必要
通学期間 20回コース
授業回数 週1回(2時間)

 

【3】アミューズメントメディア総合学院

「アミューズメントメディア総合学院」には、夜間や日曜に通えるコースがあり、平日昼間に時間のない人も、デビューを目指して勉強できます。

声優デビューを目指せる「基礎コース (半年制)」「研究コース(半年制)」「マスターコース(1年制)」と、演じて歌える声優アーティストを目指せる「声優アーティストコース」があります

入学時のコースは、実力判定オーディションで決まります。

週1から週3日まで、週に何回通うかを自由に選ぶことができ、自分のライフスタイルに合った勉強が可能です。

コース 声優専科(夜間・日曜)

基礎コース ・
研究コース・
マスターコース・
声優アーティストコース

費用 基礎・研究コース 
18~39万円マスターコース 
38万声優アーティストコース 
30万~51万
(受講回数により
金額が変わります。)
対象 中学生以上、30歳未満
通学期間 半年~1年
授業回数 週1回~3回

 

【4】映像テクノアカデミア

「映像テクノアカデミア」の声優科は、レベルごとにクラスが9つに分けられています。

ほとんどのクラスが、土日か平日の夜に開催されているので、昼間に時間のない方も夜間や週末に声優の勉強ができます

コース 声優科

・アニメ・外画コース
ステップ1 (土・日 午後)

・アニメコース
ステップ2 (月・木 夕方)

・外画コース
ステップ2 (土 午後)

・アニメコース
ステップ3 (月・木 夕方)

・外画コース
ステップ3 (日 午後)

・プロ特訓
 (火 午後)

・プロクラス
(平日夜と土日)

(曜日と時間は変更に
なることがあります)

費用 ・アニメ・外画コース
ステップ1 22万円
(入学金3万円含む)
・アニメコース
ステップ2 46.2万円
(入学金3万円含む)
・外画コース
ステップ2 46.2万円
(入学金3万円含む)
・アニメコース
ステップ3 49.4万円
(入学金3万円
・外画コース
ステップ3 49.4万円
(入学金3万円含む)
・プロ特訓 
9.6万円(入学金なし)
・プロクラス 
24.8万円(入学金なし)
対象 全ての人が受講可能

「プロ特訓」と「プロクラス」
のみプロダクション所属が条件

通学期間 半年~1年
授業回数 コースを好きに組み
合わせることができます。

 

まとめ

東京の声優専門学校21選を紹介してきました。数が多すぎて、どの学校が良いかますます分からなくなった方もいらっしゃるかもしれません。

21校を調べた筆者がおすすめする東京の声優専門学校は、「ヒューマンアカデミー」です

オーディションに来校するプロダクション数、講師とカリキュラムの充実度やその他さまざまな理由から、一番プロデビューに近い学校だと言えるからです。

「ヒューマンアカデミー」には、夜間・週末に通えるコースや通信講座もあります。

自分にあった方法で勉強し、みなさんがプロの声優として活躍することを願っています

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

-声優専門学校

Copyright© 声優になるには?最短で声優になりたい人の声優養成所の選び方! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.