声優になるには?最短で声優になりたい人の声優養成所の選び方!

声優になるには?最短で声優になりたい人の声優養成所の選び方!

声優になるための練習方法

裏声や高音の味方リップロール!出来ない原因は?

更新日:

リップロールってできる人はいとも簡単にできますが、コツがいまいちつかめていない人にとってはなかなかできないようです。

今回はリップロールのやり方から、どれくらいの時間持続すれば効果があるものなのか、そしてリップロールができない原因について詳しくご説明します。

これを読めばきっとあなたもリップロールができるようになるはずです。

 

「リップロール」はボーカルトレーニングでのポピュラーな練習方法

ナナ
先生、お恥ずかしいんだけど、リップロールってどうやるの?ε-(´・ε・̥ˋ๑)
おお!リップロールか!昔遊びでやらなかったか?
シン先生
ナナ
やったかな~?(˘•ᴥ•˘)

リップロールはよくボーカルトレーニングで用いられている方法です。

どちらかといえば歌のレッスンで広く取り入れられていますが、声優養成所でも何人かリップロールをやってみるといいですよとおっしゃていた講師の方がいらっしゃいました。

そのときは一斉にみんなでリップロールをやってみましたが、できない方が必ず何人かはいました。

おそらくこれは、小さいころにリップロールという名前を知らずに遊びでリップロールをやっていた人は難なくできていたのだと思います。

ココがポイント

リップロールはコツさえつかめば誰でもできる非常に簡単なトレーニング方法なので、最初からできないと決めつけずに、コツを取り入れながら挑戦してみてください。

 

力を抜くのがリップロールの本来の目的!

リップロールは口の周りの筋肉や、のどの周りの余計な力みをとるのに効果的です。よく歌を歌う前などにリップロールをされている方がいます。
リップロールをすることで、裏声と地声の行ったり来たりがスムーズにできるようになるのです。

 

リップロールをすることで高音が力まずにきれいに出る!

リップロールのもう一つの魅力は、このリップロールをすることでのどの力みがとれて、自然とスッと高音が力まずに出るということです。

つまり、のどをしめたような高音にならないということです。

また、普段のその人の音域よりも高い音が出るようにもなります。

 

「リップロール」のやり方

よし!リップロールのやり方を伝授しよう!
シン先生
ナナ
おおぉぉぉ!!୧(๑•̀ㅁ•́๑)૭✧

リップロールのやり方

1.まず口を開けて息を吸います。(口を開けて吸ったほうがやりやすいです。)
2.そして唇を少し突き出すような形で口を軽くとじます。
3.息を出しながら、唇をブルブルと振動させます。

コツとしては、リップロールは軽くするのが力が抜けていて良いとされているので、口横の両ほっぺたを両人差し指で軽く持ち上げながらやってみてください。

こうすることで、息が一気に出すぎてめちゃくちゃ速いリップロールになってすぐに終わったり、「ブーブーブブー」といったリップロールのなりそこないになったりしません。

 

「リップロール」はどれくらいの時間やるべき?

リップロールの効果的な持続時間は最低10秒で、可能なら30秒くらいやりましょう。10秒ならわりと勢いでできる人も、30秒となると息が続かないという方も出てくるかと思います。

リップロールは長い時間続けるほうが効果があります。10秒は最低ラインなのでぜひ少しでも長く続くように吐く息の量の調整するなど実際にいろいろと試してみてください。

次の項の「リップロールができない原因は?」も参考にしてみましょう。

 

「リップロール」ができない原因は?

ナナ
ぶぇぇぇ・・・できない(((((((⊙ө⊙))))))
できない原因を先に言っておいたほうがよさそうだな・・・!(笑)
シン先生

リップロールはできる人にとっては「なぜできないのかがわからない」というくらい簡単なのに、できない人はけっこういるということはご説明しました。

なぜできないのか?
女性だと恥ずかしくてできないということもあるようなので、家でこっそり思いきってやってみましょう。わりとリップロールは、女性の場合この思い切りが大切なように感じます。

そして具体的なできない原因ですが、一番は唇の乾燥が原因です。
水をつける、または、リップクリームを塗るなど、唇を湿らせることによって、驚くほどリップロールが簡単にできるようになります。

リップロールはできるけれど長い時間続かないという人もこれをぜひ試してみてください。唇が乾燥している時よりもかなり長くできるようになるはずです。

もう一つは唇に力が入っているとリップロールができないので、唇の力を意識して抜くようにしましょう。

 

「リップロール」がどうしてもできなければ「タングトリル」でもOK!

リップロールがどうしてもできない人はタングトリルというトレーニング方法でもOKです。効果はリップロールと全く同じなのでできない人はぜひ挑戦してみてください。

個人的にはリップロールのほうが簡単ですが、どちらも、できる人には簡単にできるけれどできない人にはまったくできないといった感じで相性があるので、ご自分がやれるほうをやってみましょう。

タングトリルのやり方は「ら」または「る」を、息をはきつつ舌を震わせます。
これだけでは少し難しいと思いますので、以下に参考動画を紹介していますのでご覧になってみてくださいね。

 

「リップロール」のコツ参考動画

リップロールのコツを紹介している動画があったのでご紹介します。
とてもわかりやすくリップロールのコツが紹介されています。

「タングトリル」のコツ参考動画

こちらはタングトリルのやり方の紹介動画です。
リップロールができない方はこちらを参考にしてみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

リップロールはのどの周りの筋肉をゆるめ、余計な力みをとることにより、自然な高音が出るようになったり、歌う前にリップロールをすることでいつもよりも高い音が出るようになります。

また、裏声と地声の行ったり来たりがスムーズに滑らかに行えるようにもなるという、非常に有効、かつ簡単でお手軽なトレーニング方法です。

できる限り長い時間続けることもポイントなので、唇を湿らす、唇の力を抜く、吐く息の量の調整をするなどして、長く続くように意識しながらやってみましょう。

 

 

-声優になるための練習方法

Copyright© 声優になるには?最短で声優になりたい人の声優養成所の選び方! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.